KN-532・KN-533


ボールベアリングの軌道面の超仕上盤

KN-532・KN-533

KN-532型(外輪用)及びKN-533型(内輪用)機はボールベアリングの全自動超仕上機で 前加工機及び後加工機とシュート等で連結することによりオートマチックラインを形成することができます。

KN-532・KN-533の特長


  • (1) 揺動部の軽量化により、砥石を高速で揺動させても振動が少ない構造です。
  • (2) 機械全幅が1mと従来機に比べ省スペースです。
  • (3) キャリア駆動にインデキシングドライブを使用する事により、高速で確実なローディングを実現しました。
  • (4) ミスト潤滑により主軸高速回転に対応しています。
  • (5) 段取替や、給油時に機械正面から作業できるようになっています。
  • (6) 加工軸数は2軸で1キャリア、4ステーションです。
機械仕様
機 種 KN-532 KN-533
ワーク加工範囲(φmm)

外径30~72,内径24~65

外径15~46,内径10~35

ワーク加工幅(mm)

9~20

砥石揺動数

180~1000(無段階変速)

砥石加圧

0~4kg/cm2

加工時間(タイマー設定)

粗加工(0~10sec)仕上加工(0~10sec)

工作物支持方式

外径シューサポートローラクランプ

内径シューサポートローラクランプ

主軸回転数(rpm)

180~6000(無段階変速)

砥石揺動モータ

0.4kw 6P

主軸モータ

1.5kw 4P

クーラントポンプ

0.25kw 2P

遠心分離器

0.4kw 4P

所要床面積 (mm x mm)

1000 x 1050

重量 (kg)

1500(タンク除く)

クーラントタンク容量

80L

お問い合せ

  • Phone:
    0721-26-0211
    Fax:
    0721-24-1491
  • Email:
    izk-sales@izk-osaka.com
  • Address:
    584-0022 大阪府 富田林市 中野町東2丁目1-68