KN-525・KN-535


自動車用ハブベアリングの軌道面の超仕上盤

KN-525・KN-535

KN-525型(外輪用)及びKN-535型(スピンドル用)全自動超仕上盤は、自動車用ハブベアリングの軌道面の超仕上げを連続的に全自動で行います。 2軸又は4軸方式を採用し半分は手前側溝加工、残りは奥側溝加工用となっています。 各溝毎に2段加工(粗&仕上げ)で砥石揺動数、砥石加圧用エア圧が設定出来ますので、それぞれの軸毎に最適な加工条件が設定出来ます。

KN-525・KN-535の特長


  • (1) 揺動部の軽量化により、砥石を高速で揺動させても振動が少ない構造です。
  • (2) ローダユニットは、上下方向と左右方向に駆動するエアシリンダ若しくはサーボとLMガイドにより構成され、ローダの先端には3個のローダチャックが取り付けられています。 エアシリンダは空気圧が無くなっても落下しないエンドキープタイプのエアシリンダを使用しています。
  • (3) ミスト潤滑により主軸高速回転に対応しています。
  • (4) 段取替や、給油時に機械正面から作業できるようになっています。
機械仕様
機 種 KN-525(外輪) KN-535(軸)
ワーク加工範囲(φmm)

チャックタイプ
外径100~140,内径50~75

シュータイプ
外径50~100,内径34~90(40~95)

外径80~160,内径20~60

ワーク加工幅(mm)

30~70

34~100

60~120

工作物支持方式

ダイヤフラムチャック or 外径シューマグネットチャック

外径シューマグネットチャック

主軸回転数(rpm)

100~1150(無段階変速)

砥石揺動数

50~700(無段階変速)

砥石加圧

0.6~4kg/cm2

加工時間(タイマー設定)

粗加工(0~10sec)仕上加工(0~10sec)

砥石揺動モータ

0.4kw 4P

主軸モータ

2.2kw 4P

クーラントポンプ

0.25kw 4P

マグネットセパレータ

25kw 4P

所要床面積 (mm x mm)

2800 x 3000

重量 (kg)

3000(タンク除く)

クーラントタンク容量

200L

対象加工物

ハブベアリング外輪軌道

ハブベアリング軸軌道

お問い合せ

  • Phone:
    0721-26-0211
    Fax:
    0721-24-1491
  • Email:
    izk-sales@izk-osaka.com
  • Address:
    584-0022 大阪府 富田林市 中野町東2丁目1-68